星空マタニティフォト石垣島

マタ旅で石垣島行くなら、満天の星空ツアー&フォトが超おすすめ!「流れ星の丘」に行くとこんな感じ

最近とても人気が高いマタニティ旅行、略して「マタ旅」。お腹の中にいる赤ちゃんと素敵なスポットを沢山回って、癒されて、健康な赤ちゃんが産まれてほしいですよね?それに、お腹の中にいる時に回った思い出の地に、赤ちゃんが産まれてからまた行くなんて事も素敵ですよね!それが、満天の星空だったりすると、そして写真なんかとって、お腹の中にいる時と、産まれた時の記念写真があったりなんかすると、それはもう一生の宝物ですよね。そんな素敵なマタ旅で星空ツアー&フォトの紹介をします。

「流れ星の丘」の星空ツアーとは

最初に私たちが運営している「流れ星の丘」の星空ツアーについて簡単に説明します。

流れ星の丘の場所は、石垣島で唯一、北部の星空保護区にある

石垣島の北、平久保半島の西、「久宇良」という集落に流れ星の丘はあります。石垣島の市街地から車で約40分程度の場所です。都会に住んでいると、車で40分なんてさほど遠く感じませんが、石垣島で久宇良と言うと那覇よりも遠いなんて言われることもあります。沖縄県で一番高い山、おもと岳が北部と市街地の間に立ちはだかっているので、市街地の光害をほとんど受けない素晴らしい星空が広がっています。更に、平久保半島は、水平線に上る朝日と沈む夕日が同じ場所で見れるポイントがいくつもあるくらい、細長く伸びた半島になっている為、夜は暗黒の海に挟まれて、闇夜の夜の暗さは、ほんとに暗いです。なので、星空保護区に指定されるくらい満天の星空が見る事が出来ます。

流れ星の丘ってどんな場所?

石垣島で星空を見る為の唯一無二の場所と言っていい場所にある「流れ星の丘」は、地元のヤギ農家さんの牧草地を借りて、星空を贅沢に見る為だけに作られた場所で、ハブ対策や双眼鏡や望遠鏡の設備も充実していて、星空写真も撮影してくれたり、ハンモックやリクライニングチェアなどもあります。地元の久宇良公民館公認で、地元の人間か協力して管理している完全予約制の星空観測所&星空ツアーと言っていいと思います。

流れ星の丘の星空ツアーは簡単に説明するとこんな感じ

現地集合 → 受付 → 望遠鏡で天体観測 → 星空記念撮影(オプション)→ リクライニングチェアOR ハンモック(オプション)に着席 → 星空ガイドが見えている星空や八重山の星空を案内 → 双眼鏡が配られる → 双眼鏡で天体観測 → 三線の生演奏 → 終了(約60分)

マタ旅で流れ星の丘の星空ツアーに参加するとこんな感じ

マタ旅で星空ツアーに参加したら、超おすすめしたいのか、オプションの記念撮影です。お一人様たった1,000円で専門のカメラや機材を使って本格的な星空写真を撮ってくれます。星空撮影は専門のカメラマンにお願いすると数万くらい軽くかかってしまうほど高額でした、でも、流れ星の丘では石垣島久宇良の素晴らしい星空を、一人でも多くの人にお土産として持って帰ってほしいという気持ちで格安で提供しているのです。そして、そのオプションで撮った写真がこちらです

お腹の中に天の川が流れ込んでいる様ですね。

そして、お腹の中の赤ちゃんが産まれた後の写真がこちら

別のお客様の写真がこちら、

お腹の中に赤ちゃんがいる時に撮る家族写真ってすてきですね。

いかがでしたか?もし、マタ旅で石垣島にお越しの際は、是非「流れ星の丘」によって下さいね。

星空マタニティフォト石垣島
最新情報をチェックしよう!
>流れ星の丘 - さぁ、流れ星に逢いに行こう!

流れ星の丘 - さぁ、流れ星に逢いに行こう!

ここは、石垣島の市街地から遠く離れた星の楽園!国内初の星空保護区エリアでもある「流れ星の丘くうら」。ハンモックやリクライニングチェアで星空に抱かれてみたり、ガイドが八重山の星文化を案内してくれたり、唄三線が響いていたり、双眼鏡で宇宙を覗いてみたり、星空フォトで星空をお土産にしたり、そんなプレミアムな場所です。